ダイエット中はアルコールを避けた方がいいのか?お酒を飲むと痩せない、は嘘

ワイン ダイエット
ワイン
  • ダイエット中にアルコールを摂ると痩せないの?
  • ダイエット中でもお酒を飲みたい
  • 何でアルコールはダイエットに悪いって言われてるの?

 この記事を読むとこのような疑問を解決できますよ。

〇この記事の内容

  • ダイエット中でもアルコールを摂っても良いのか解説
  • ダイエットにアルコールが良くないと言われる理由
  • お酒を飲みながらダイエットする方法を紹介

 ダイエット中はお酒を控える、アルコールはなるべく摂らない方がいいってよく言われていますよね。確かにアルコールはカロリーが高いし、ガンガン飲んでしまうのでダイエットに良くないイメージがあります。しかし、お酒が好きすぎてどうしてもやめられない、お酒を飲まないとストレス発散が出来ないという方には辛い話です。

 アルコールを摂るとダイエットが難しくなりますが、しっかり痩せることはできます。この記事では、ダイエット中にアルコールを摂っても良いのか、アルコールがダイエットに与える影響、ダイエットしながらお酒を飲むために心がけることなどを解説していきます。

1.ダイエット中にアルコールを摂ると痩せない?

考える男の人

 ダイエット中にアルコールを摂っても痩せることはできるのか。結論から言うと、ダイエット中にアルコールを摂っても十分痩せることはできます。しかし、アルコールを摂るとダイエットが少しだけ難しくなってしまうのです。なので、なるべくダイエット中はアルコールを抑えるのが理想になります。では、なぜダイエット中はアルコールを抑えるべきなのか簡単に解説します。

①アルコールはカロリーが高い

 アルコールは1g当たりのカロリーが約7kcalと、かなり高くなっています。これがどのくらい高いのかと言うと、3大栄養素の糖質とタンパク質は1gあたり約4kcal、脂質は約9kcalです。つまり、糖質と脂質の中間くらいのカロリーがアルコールには含まれているのです。

 ダイエット中は摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくするのが基本なので、高カロリーであるアルコールはなるべく避けるようにしたいものです。

②お酒にはアルコール+糖質も多い

 市販されているお酒にはアルコールだけでなく糖質も多く含まれています。エネルギーとして使われなかった糖質は体脂肪として使われてしまうので、ダイエット中は糖質の量も少なるする必要があるのです。

 カロリーの高いアルコールが含まれていて、さらに糖質もかなり含まれているのでダイエット中はなるべくお酒を避けるべきだと言われているのです。

③睡眠の質が落ちる

 お酒を飲むと睡眠の質が落ちてしまいます。お酒を飲むと、眠りにつくまでの時間は短くなるので寝る前にお酒を飲む人もいるでしょう。しかし、眠りにつくまでの時間は短くても睡眠は浅くなり質が低下してしまっているのです。

 ダイエットでは質の良い睡眠を摂ることも重要なポイントです。質の良い睡眠を摂ることでしっかりとホルモンが分泌されて、代謝が順調に行われるようになります。逆に、睡眠の質が悪いとストレスに対抗するために体脂肪を蓄えやすくするホルモンが増え、さらに代謝も落ちて太りやすくなってしまいます。

④アルコール以外の栄養素の処理が後回しに

 アルコールは糖質や脂質、タンパク質よりも優先的に肝臓で処理されます。そうすると、糖質や脂質の処理が後回しにされ、その分体脂肪に変えられやすくなってしまうのです。毎日のようにアルコールを摂ると、どんどん体脂肪が蓄積されてぶくぶく太ってしまいやすくなります。

2.ダイエットしながらお酒を飲むには

ビール

 ダイエット中にアルコールを摂ると、摂取カロリーや糖質を摂る量が増えて痩せるのが少し難しくなります。しかし、アルコールを摂ったからといって痩せられないわけではありません。いくつかのポイントを抑えれば、ダイエット中でもお酒を飲みながら痩せていくことが出来るのです。そこで、ここからはダイエット中にお酒を飲むポイントを紹介していきます。

①糖質が少ないお酒を飲む

 ダイエット中は糖質が少ないお酒を選ぶように心がけましょう。アルコールは肝臓で優先的に処理されるので、糖質を一緒に摂っても糖質の代謝は後回しになります。糖質はエネルギーとして使われないと体脂肪として蓄えられてしまうので、ダイエット中は糖質を摂りすぎない意識が必要です。

 ただでさえカロリーが高くて太りやすいアルコールですが、この時に糖質もたくさん摂ってしまうともっと太りやすくなります。最近は糖質オフのお酒も販売されているので、そういったものを選んで飲むと太りにくく、ダイエット中でも飲むことが出来ますよ。

糖質は一日に何グラムとった方がいいの?【個人に最適な糖質量を解説】

②おつまみは低カロリーなもので

 お酒を飲むときには、おつまみも一緒に食べるのが普通だと思います。お酒を飲むと太りやすいと言われる理由の一つがおつまみです。おつまみは、ながら食べのような食べ方なので食べた意識が少なく、思っているよりもカロリーを摂取しています。ナッツや柿ピーなどはいくらでも食べられるけど高カロリーなので、なるべく避けるのが吉です。

 ダイエット中におすすめのおつまみは、鶏胸肉やささ身、スルメイカ、貝ひも等です。これらは、低カロリーで高タンパク質、さらに咀嚼回数も多くなるので少量でも満足できます。

\25%OFF!1,080円!/<国産するめ 7枚入> 送料無料 焼酎に、日本酒に、元祖無添加食品! 国産 スルメイカ 完全無添加 あたりめ するめ【RCP】

価格:1,080円
(2022/9/8 11:37時点)
感想(402件)

北海道産ホタテ使用 ”ほたて焼貝ひも” 約500g 帆立貝ひも【予約 入荷次第発送】 送料無料

価格:1,980円
(2022/9/8 11:38時点)
感想(135件)

③お酒の分のカロリーを食事で抑える

 お酒でカロリーを摂ってしまっても、食事でのカロリーを抑えればプラマイ0です。どうしても好きなお酒がやめられないなら、食事での摂取カロリーを少なくなるように意識しましょう。ただ、減らす食材はタンパク質の少ないもの、糖質や脂質の多いものを減らすようにしましょう。タンパク質の量が減ると筋肉が減りやすくなり、代謝も落ちてしまいます。

3.お酒を控えると起こるメリット

体重計

 お酒を飲みながらでもダイエットをすることは可能ですが、できればお酒を飲む頻度を減らすのが理想です。お酒は少量なら何も問題はありませんが、飲みすぎれば体に悪い影響が出てきてしまいます。そこで、あなたがお酒をやめたくなるように、お酒を控えるメリットを紹介していきます。

①睡眠の質が上がる

 お酒を飲むと眠りにつくのは早くなることがありますが、眠りの質は落ちてしまいます。アルコールを摂ると眠りが浅くなり、夜中に何度も起きてしまったり、アルコールの影響で鼾をかきやすくなってしまいます。すると、深い質の良い睡眠がとればくなってしまい、朝起きた時に疲れが取れません。

 お酒をやめることで、しっかりと深い質の良い睡眠がとれるようになり、しっかりと疲れが取れて翌日は元気に過ごすことが出来るでしょう。ダイエットだけじゃなく、健康に過ごすためにも質の良い睡眠は必須です。

②肌がきれいになる

 これまでお酒を日常的に飲んでいた人がお酒をやめると肌がきれいになることが多いです。日常的にお酒を飲んでいる人は、質の良い睡眠がとれていないせいで肌が荒れやすくなっています。お酒をやめることで睡眠の質も良くなり、肌が整ってくるのです。

 また、アルコールには利尿作用があるので身体の水分がどんどん出ていってしまいます。肌をきれいに保つには肌の水分を逃がさないことが重要です。お酒をやめることで水分も保持しやすくなって肌もきれいになりやすくなります。

③お金が浮く

 お酒を飲まなければ出費が減るのでお金が浮きます。毎日のように缶ビールを2本飲んでいた人がお酒をやめると、一日約400円×30日で、一ヶ月に約12,000円も節約できるのです。さらに、お酒と一緒におつまみを食べている人がほとんどなので、おつまみが一日200円だとしたら一ヶ月で6,000円。合計で18,000円も節約できるのです。浮いたお金で美容に投資したり、美味しい食事を食べに行ったりできますよ。

まとめ

 アルコールを摂るとダイエットの難易度は上がります。しかし、アルコールを摂ると全くダイエットが出来ないわけではありません。摂取カロリーが増えて糖質や脂質の代謝がされにくくなりますが、ちゃんと考えてお酒を飲み、食事を気にしていれば痩せることはできます。ただ、やはりお酒を飲まない方がダイエットは簡単に出来てお金も節約できるので、お酒を飲まないでダイエットをするのが理想です。頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました