水をたくさん飲むと筋トレの効果が高まる?筋肉と水の関係をわかりやすく解説

水とダンベル 筋トレ
水とレモン
  • 筋トレには水が大事って本当?
  • 水をたくさん飲むと筋肉が付くの?
  • 筋トレの効果を高めるにはどれくらい水を飲めばいいの?

 この記事を読むとこのような疑問を解決できます。

〇この記事の内容

  • 水が筋トレには重要な理由を解説
  • 水をたくさん飲むメリットとデメリットを紹介
  • 筋トレ効果を最大にするにはどれくらい水を飲めばいいのか解説

 筋トレをしているマッチョは、大きなペットボトルでたくさん水を飲んでいるイメージってありませんか?そういったマッチョは、ただのどが渇きやすいから水をたくさん飲んでいるわけではありません。筋肉を付けるためには水をたくさん飲む必要があるから飲んでいるのです。

 では、なぜ水をたくさん飲むことが筋肉を付けるのに重要なのでしょうか。この記事では、水を飲むとどんなメリットがあるのか、逆に水をたくさん飲むことによるデメリットもあるのか。水をたくさん飲むと言っても、どれくらい飲めば筋トレ効果を最大に出来るのか、わかりやすく解説していきます。

ダイエットしているのに体重が増えた原因は水分かも【停滞期じゃない】

1.水が筋トレに重要な理由

腕を組んで下を向く男性

 水をたくさん飲むことは筋トレの効果を高めるのためには、非常に重要なことです。なぜなら、水をたくさん飲むことで、体の中での様々な反応を起こりやすくするからです。どんな反応があるのか、わかりやすく解説します。

栄養やホルモンが体中に届きやすくなる

 水をたくさん飲むと、食事からとった栄養素や様々なホルモンが体中に届きやすくなります。栄養素やホルモンは血液によって全身に運ばれるのですが、血液がドロドロだと必要な部位に届きにくくなってしまうのです。水を飲むと血液の液体成分が増えるので、血液はサラサラになります。当然、血液はドロドロの状態よりもサラサラの方が血管内を流れやすいです。

 なので、水をたくさん飲むと血液がサラサラになり、血液が流れるのと同時に栄養やホルモンも運ばれやすくなります。そうすることで、しっかりと栄養やホルモンを必要な部位に届けることが出来、筋肉を付けるのによい効果を与えてくれるのです。

腎臓の負担を減らしてくれる

 水を飲む量が少ないと、腎臓にかかる負担が増えてしまうのです。なぜなら、血液がドロドロだと腎臓が働くときに余計な力を使わせてしまうからです。

 筋トレをしている人は、筋肉を付けるためにタンパク質をたくさん摂っていることが多いです。タンパク質を摂る量が多い人ほど、老廃物を排出する器官である腎臓に負担がかかります。高タンパクで負担がかかっているうえで、さらに血液もドロドロだと腎臓へのダメージがかなり大きくなってしまうでしょう。

 筋トレをしている人は、タンパク質で負担をかけているなら、せめて水をたくさん飲んで腎臓への負担をなるべく減らそう、と水をたくさん飲むのです。

2.水をたくさん飲むメリットとデメリット

水

 水をたくさん飲むことは筋トレにメリットがありますが、逆にデメリットになることもあります。筋肉を大きくするために、水をたくさん飲むことのメリットとデメリットを知っておきましょう。

水をたくさん飲むメリット

 水をたくさん飲むことの筋トレへのメリットは主に以下の3つです

  • 筋トレの質が上がる
  • 栄養が筋肉に届きやすくなる
  • 代謝が上がる

①筋トレの質が上がる

 水をたくさん飲むと血液がサラサラになり、血液の成分だけでなく酸素も効率よく運べるようになります。筋トレ中は筋肉を動かすためにたくさん酸素を消費するので、それによって心拍数も上がり酸素を体中に届けようとするのです。そんなときに血液がドロドロだと、血液を送り出しにくくなり酸素も行きわたりにくくなります。

 その結果、心臓も必要以上にバクバクして息も上がってしまいます。すると、どうしても疲れやすく力も出しにくくなり、質の高い筋トレをすることが出来なくなってしまうのです。

②筋肉に栄養が届きやすくなる

 食事から摂取した栄養は、胃や腸で消化吸収されて血管に入って、血液に乗って全身に運ばれていきます。しかし、水が不足していて血液がドロドロだと、血液が流れにくくなり、栄養を素早く筋肉に届けられなくなります。

 筋肉を大きくするには、素早いタンパク質の補給と筋トレで消費したグリコーゲンの回復が必要です。なので、水をたくさん飲んで血液をサラサラにして、素早く栄養を筋肉に届けられるようにしましょう。

③代謝が上がる

 水をたくさん飲むと代謝が上がり、ダイエットを進めやすくなります。なぜなら、水をたくさん飲むと血行が良くなって栄養や酸素、水分を全身の細胞に届けやすくなるからです。すると、細胞が活性化され代謝が上がります。

 代謝が上がると消費カロリーも増えるので、ダイエットにも良い効果をもたらしてくれるのです。逆に、水を飲む量が少ないと血行が悪くなって代謝も低下してしまうので、ダイエット的にも水をたくさん飲むようにしましょう。

クリスタルガイザー 水(500ml*48本入)【2shdrk】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】

価格:2,820円
(2022/8/19 11:24時点)
感想(28814件)

水をたくさん飲むデメリット

 水をたくさん飲むことのメリットを紹介してきましたが、ここからは水をたくさん飲むデメリットを紹介します。と思ったのですが、水をたくさん飲むことのデメリットはほとんどありませんでした。

 水をたくさん飲むデメリットがあるとすれば、トイレの回数が少し増えるくらいです。摂取する水分が増えるので、当然トイレに行く頻度は増えてしまいます。ただ、体内には特に悪い影響はないので、大したデメリットではないでしょう。

 しかし、一つだけ注意してほしいのは、いくら水を飲むのが体に良いからと言って一度に大量の水を飲むのはやめましょう。短期間で大量の水を飲むと、体内の電解質の濃度が急激に低下して、水中毒を起こす可能性があります。水中毒で死亡した例もあるので、飲みすぎには注意です。

3.筋トレ効果を高める水分の摂り方

水とダンベル

 筋トレの効果を高めるには水をしっかり飲むことが重要です。しかし、何も考えずに水を飲むよりも筋トレ効果を高める飲み方というのがあります。飲み方を変えるだけで筋トレへの影響も変わるので、しっかり知っておきましょう。

水は一日2ℓ以上飲む

 一般的には一日に飲む水の量は1.5~2ℓ程度と言われています。しかし、筋トレなどの運動をしている人は、運動中にたくさん水分を失います。さらに、運動中だけでなく、筋肉の回復のために細胞内ではたくさん水を消費しています。そのため、筋トレをしている人は、していない人と比べて多くの水が必要になるのです。

 筋トレをしている人なら最低でも一日2ℓ、出来れば3ℓくらいは飲めると良いです。喉が渇いたときだけでなく、常にちょこちょこ水を飲めるようにしましょう。

電解質が入っているドリンクを飲む

 水をたくさん飲むと筋トレに良い、と言うとただの水を飲むのが良いと思われやすいですが、飲むのはただの水じゃなくても大丈夫です。目的は”水分”の摂取なので水分が取れればいいでしょう。

 夏場でたくさん汗をかくときなどは、ただの水よりもナトリウムなどの電解質が含まれているスポーツドリンクの方が望ましいです。水だけを飲むよりも電解質も一緒に摂った方が、おしっことして排出されにくく、しっかり体内に残りやすいので、効果が高まります。

 スポーツドリンクなら電解質も糖質も入っているので、水分補給にはかなり効果的です。糖質は筋トレ中のエネルギー源にもなるので、筋トレの質を上げるにも良いでしょう。電解質だけでなくビタミンも一緒に摂れるスポーツドリンクもあるので、そういったものを飲むのも効果的です。

アクエリアス 1日分のマルチビタミン PET(500ml*24本入)【アクエリアス(AQUARIUS)】[スポーツドリンク]

価格:2,248円
(2022/8/19 11:25時点)
感想(57件)

一度に飲まずにこまめに飲む

 水を飲むといっても、一度にたくさん飲むと体内に残らず、おしっこや汗としてたくさん外に出ていってしまいます。水は一度に飲んでも体内にたくさん留めておくことはできないので、こまめに飲む必要があるのです。

 仕事中でも常に水を飲めるように、大きめの水筒やペットボトルに水を用意して、机に置いておくと良いでしょう。いちいちコップに組んで飲むのは面倒くさいので、どうしても水を飲む量が減ってしまいがちです。常に水を飲むのを癖づけるようにすると、理想的な水分摂取が出来るようになりますよ。

まとめ

 水をたくさん飲むのは、筋トレだけでなくダイエットや美容にも良い効果があります。

  • 筋トレのパフォーマンスが上がる
  • 栄養を筋肉に素早く届けられる
  • 代謝が上がる
  • 腎臓の負担が減る

 このように筋トレをしている人には欠かせない効果ばかりなので、日ごろから意識的に水を飲むように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました