お腹の脂肪を減らす方法を解説します。【お腹の脂肪だけ減らすということはできません。】

ウエストを測る女性

・お腹の脂肪を減らす方法を知りたい
・体重は落ちてるのにお腹の脂肪は減らない
・お腹だけへこませたい

 この記事はこのような疑問を解決します。

〇この記事の内容

  • お腹の脂肪が減りにくい理由
  • お腹の脂肪を減らす方法
  • リバウンドをしないための心がけ

〇結論

  • お腹の脂肪はダイエットの最後まで残る
  • 部分痩せは不可能。ダイエットで全身痩せていくしかない
  • リバウンドしないためには食事に気を使って運動もするように心がけるようにしよう

 ダイエットをしているのにお腹の脂肪はなかなか減らなくて困っているという人はたくさんいると思います。何かダイエットの方法が間違っているんじゃないか、とか自分はお腹の脂肪は減らない体質なんだ、と考えてしまうこともあるかもしれませんが、そんなことはありません。お腹の脂肪は全人類共通で脂肪がなかなか減りにくい部分です。この記事ではそんなしつこいお腹の脂肪を上手に減らしていく方法を解説していきます。

1.お腹の脂肪が減りにくい理由

女性のお腹と大きめのズボン

 お腹の脂肪が減りにくいのにはきちんと理由があります。多くの人が感じているように体の部分ごとに脂肪の減りやすさというのは異なってきます。ダイエットの初期には大雑把にいうと身体の末梢の方の脂肪から徐々に減っていきます。

 ダイエットを始めてから手の甲を毎日確認していると、手の甲や腕の脂肪は割とすぐに減ってきて薄くなっていくのを確認することが出来ます。一方でお腹の脂肪はダイエットを始めてしばらくしてもなかなか目に見えて細くなったり痩せてきた実感はわきません。

 お腹の脂肪がなかなか減らない理由として大きいのは、お腹の脂肪には内臓を保護するという役割がある為です。脂肪にはきちんと役割があり、ただの悪者ではありません。お腹の脂肪があることで内臓を体外からの物理的な刺激から守ったり温度変化を防いだりしています。

 そのため、ダイエットが始まって体がカロリー不足の状態になっても最後まで頑張ってお腹の脂肪はなるべく残せるようにしています。ダイエットをしている人にとっては迷惑かもしれませんが、人間が生きていくためには必要な機能なのです。

お腹には2種類の脂肪がある

 また、お腹の脂肪には体のほかの部位とは違い内臓脂肪と皮下脂肪があります。

 内臓脂肪は胃や腸などの内臓の周囲に付く脂肪のことで男性に特につきやすくなっています。内臓脂肪が過剰になると心臓発作や糖尿病などの原因にもなることがあるので注意が必要です。内臓脂肪が多くついているとお腹を内側から押し出してくるのでポッコリとしたお腹になります。

 皮下脂肪は皮膚のすぐ下に付く脂肪のことで、こちらの脂肪は外からの刺激や体温保持に役立っているのである程度の皮下脂肪は生きていくためには必須になっています。そのため、皮下脂肪は内臓脂肪と比べるとなかなか減りにくくなっています。

2.お腹の脂肪を減らす方法

ランニングをする女性

 お腹の脂肪が減りにくい理由を解説してきましたが、これからはそんなお腹の脂肪を減らしていく方法を解説していきます。

   お腹の脂肪を減らすにはきちんとしたダイエットをすることが必須になります。お腹の脂肪だけを減らすことはできないので全身をまんべんなく痩せていくしかありません。

①食生活を見直す

 ダイエットをして体重を減らしていくにはやはり食生活を改善させていく必要があります。本当は自分の消費カロリーを計算して摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくしていくのが望ましいですが、それはなかなか面倒くさいという人が多いと思うので、気を付けるべき3つのポイントを紹介します。

糖質、脂質の多いものを避ける

 ダイエットで重要なのは摂取カロリーを減らすことです。脂質はカロリーが高く味もおいしいものが多いのでダイエットには大敵です。揚げ物やお菓子など脂質の多いものは避けましょう。糖質を摂ると血糖値が上がり、それを下げるときに糖質を体脂肪として蓄えます。その時に脂質も一緒に体脂肪にしてしまうので糖質と脂質が両方含まれた食品は特に太りやすくなります。ポテチやパンなどは特に注意が必要です。

たんぱく質を意識して摂る

 ダイエットをしてカロリーが不足した状態になると体脂肪が減っていきますが、同時に筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ると代謝が落ちて消費カロリーが少なくなり痩せにくく太りやすくなってしまいます。筋肉の材料はたんぱく質なので筋肉を減らさないためにもたんぱく質はしっかりと摂りましょう。

 また、たんぱく質は糖質や脂質よりも消化するのにたくさんエネルギーが必要になるので、消化による消費カロリーも多くなります。たんぱく質は消化が大変な分腹持ちが良いので空腹感を感じにくく、その点でもダイエットの助けになります。

 たんぱく質はプロテインで低カロリーで摂ることが出来ます。ダイエットを機にプロテインを取り始めてもいいかもしれません。最近のプロテインは味が本当においしいので、まずいものを無理して飲むということにはならないので安心してください。特に美味しいと感じたのはミルキー味というものでダイエット中は甘いものがあまり食べられないので甘党の人にはおすすめです。

【マラソン中エントリーでポイント5倍】ビーレジェンド プロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg (ホエイプロテイン 女性 男性 ダイエット 美容) おきかえダイエット 筋肥大 be LEGEND価格:3,980円
(2021/10/7 10:52時点)
感想(983件)

食物繊維をしっかりと摂る

 ダイエットをすると脂質の量を減らしたりするため便秘になりやすくなったり、腸内環境が悪くなることもあります。食物繊維は腸の蠕動運動を促したり、腸内細菌の餌になるので便秘の予防や改善には効果的です。食餌での糖質源をサツマイモやカボチャなどにすると食物繊維がしっかりと摂れるのでお勧めです。

ビタミンとミネラルもしっかりと摂る

 ビタミンの中には糖質や脂質、たんぱく質の代謝に重要な役割をしているものもあります。そのビタミンが不足していると食事をしても体内で代謝されず、体の中で利用できなくなってしまいます。そうすると貧血になったり倦怠感を感じたり体に不調が出てきてしまうので注意が必要です。

 ビタミンやミネラルは緑黄色野菜に多く含まれますが、1日に必要な量を摂ろうとするとかなりの量を食べなくてはならないのでサプリメントで摂るのがおすすめです。野菜で摂ってもサプリで摂っても体の中での効果に違いは無いので楽にビタミンミネラルを摂るならサプリメントで手軽に摂取しましょう。

DHC 60日分 マルチビタミン(60粒入*5個セット)【DHC サプリメント】価格:2,775円
(2021/10/7 10:53時点)
感想(13件)
【店内P最大14倍以上&300pt開催】【DHC直販】ビタミン カルシウム マグネシウム 鉄 亜鉛 銅 クロム セレン マルチミネラル 徳用90日分|dhc サプリメント サプリ 女性 鉄分 男性 ディーエイチシー 健康食品 髪 ミネラル カルシュウム ヨウ素 鉄分補給 さぷり ヘルスケア 健康価格:1,338円
(2021/10/7 10:53時点)
感想(1504件)

②適度な運動をする

 食事制限だけでも十分痩せていくことはできますが、そうすると筋肉も落ちていってしまうので健康的に痩せていくにはやはり運動も必要になってきます。

 運動をするなら筋トレがおすすめです。筋トレ自体の消費カロリーは多くありませんが、筋トレ後にも筋肉の修復にカロリーが使われるので結果的にかなりの消費カロリーを得ることが出来ます。また、筋肉がつくと基礎代謝が上がるので太りにくい身体に近づくことが出来ます。

 お腹の脂肪を減らしたいという人にありがちなことで、ひたすら腹筋をするというのはお腹の脂肪を減らすのにはあまり効果はありません。お腹の運動をしてもお腹の脂肪を狙って減らすということはできません。脂肪を減らしたいなら腹筋をひたすらやるよりも大きな筋肉を鍛えていくことが重要になります。特に下半身には全身の筋肉の約70%が集中していると言われているのでスクワットなどの筋トレがおすすめです。

 また、筋トレの後に有酸素運動をすると脂肪の利用効率が上がり脂肪が落ちやすくなります。筋トレでは糖質がエネルギーが使われて有酸素運動をするときに糖質が少ない状態になっているので脂肪からエネルギーを取り出すようになり、体脂肪がどんどん燃焼していきます。

 筋トレをせずに有酸素運動だけをすると筋肉がどんどん減っていってしまうのであまりおすすめはできません。出来るだけ筋トレも一緒にするようにしましょう。

まとめ

 お腹の脂肪が減りにくい理由とお腹の脂肪を減らす方法を解説してきました。お腹の脂肪を減らすには全身まんべんなく痩せていく必要があるので、しっかりとしたダイエットをするように心がけましょう。お腹だけ痩せるということは絶対にないので部分痩せというのはあきらめましょう。